ガレージドアスクリーンを吊るす:間違いを避けるために

間違い1 – どこにマウントするか分からない

間違い2 – フロアに固定していない

間違い3 – 正しいツールを使用しない

ガレージのドアスクリーンを掛けるとき、人々が作るよくある間違いがいくつかあります。ここでは簡単なガイドがあり、インストールプロセスを簡単に手助けすることができます。

最も大きな問題の1つは、人々がドアの内外に取り付けなければならないかどうかを知らないということです。ほとんどのスクリーンはドアの外側に取り付けられていますが、珍しいですが、内部用に作ることができます。ハングしようとする前にこれをチェックしてください。

ガレージのドアスクリーンを掛けるときによく起こる別の大きな間違いは、多くの場合、床にそれらを固定することではありません。底にPVCパイプを挿入することは、風や荒れた気候に住んでいる人々を助けることができます。

あなたのマニュアルやスクリーンを購入した会社に確認して、インストールと吊りに適したツールを見つけてください。多くの場合、多くの工具を必要とせず、インストールキットが付属します。推奨されていないツールを使用すると、プロセスにも害を及ぼす可能性があります。