ガレージワークショップ計画:暖房、冷房、換気

絶縁

加熱

冷却

換気

ガレージ・ワークショップはすばらしい場所ですが、暖房、冷房、換気の方法に細心の注意を払う必要があります。ガレージワークショップで働く時間を過ごすときは、快適に過ごす必要があります。あなたが一緒に働く木材も考慮することが重要です。湿度が高すぎると、木材に影響を与える可能性があるため、これが重要な要素になります。

あなたのガレージワークショップを断熱することは、あなたのワークショップを冬にもっと快適にするだけでなく、暖房費を削減します。これは重要。最低でも、その場所の快適性に最も大きな影響を与える天井を断熱する必要があります。理想的には、壁を断熱し、窓の周りにカールを入れて、ドアにウェザーストリップを設置するのが理想的です。しかし、そうすることはおがくずの問題を引き起こす可能性がありますので、優れた換気についての考えと一緒に断熱を施す必要があります。

あなたが断熱すればするほど、あなたの暖房はより効果的になります。すべてのコンポーネントは他のすべてのコンポーネントと連携しているため、それらの間のバランスが重要です。

あなたのガレージワークショップを暖房することは、秋と冬の重要な考慮事項になるでしょう。あなたが最初から場所を構築している場合を除き、あなたは曇りのない暖房である最高のオプションを使用することができません。

それができない場合は、ベースボードの電気暖房、太陽熱、ヒートポンプ/ヒーター、エアコンの組み合わせ窓ユニットなどがあります。あらゆる種類の薪ストーブを使用することはお勧めしません。薪ストーブを使用すると、糊を乾燥させるだけでなく、仕上げにも効果的です。それ以上に、おがくずの周りに火を持つことは決して良い計画ではありません。

暖かい気候では、ガレージ・ワークショップの冷房が問題になります。窓の空調装置から家からの中央空気ダクトの運転まで、さまざまな解決策があります。この後者は、ワークショップが隣接し、中央ユニットが十分に強力である場合にのみ可能である。

湿ったクーラーとしても知られている蒸発ファンは、ガレージ・ワークショップで非常に高い湿度を生成する可能性がありますが、うまくいく可能性があります。湿度は木材の接合部に影響を与える可能性があります。また、作業場が乾燥し過ぎると、保存された木材の割れや収縮で終わる可能性があります。空気に湿度を加えるには、加湿器を使用してください。これを取り除くには、除湿器が最善の方法です。両方ともポータブルで、必要に応じてワークショップ内を移動することができます。

換気はガレージ工場で重要です。少なくとも1つのサイドウォールファンを設置し、作業するたびにすべてのおがくずをきれいにするように注意してください。良いファンが、おがくずの大部分を空気から取り除くのに役立ちますが、そのすべてではありません。暑い気候では、屋根の通気口も設置して、上昇する熱気が建物から出るようにします。温室内で使用されるような通気口のいくつかは、温度が上がるにつれて広がります。作業するときは、呼吸器を着用して、おがくずの中で呼吸しないようにしてください。あなたの肺はそれに感謝します。