ハンドプレーン対パワープレーナツール

ハンドプレーンとパワープレーンの両方を使用して、多くの木工プロジェクトを完成させることができます。ただし、個人的な好み、効率性、使いやすさのために、特定のプロジェクトに優先して使用することを好む場合があります。

手のひらにはいくつかの種類があります。最も一般的なのは、ジャックプレーン、ブロックプレーン、スムージングプレーン、ウサギプレーンです。ジャッキー・プレーンはドアを滑らかにするために使用されます。カム面にはブロック面が使用されます。平滑面はほぼすべての木材プロジェクトで使用され、ウサギ面はウッドプロジェクトでウサギを作成するために使用されます;ハンドプレーンはスムーズで均一な面を作成するために面のわずかなストロークが必要な小さなプロジェクトに適しています。ハンドプレーンは、電源プレーンが容易に収容できない狭い領域のアプリケーションにも適しています。

一方、パワープレーンは明確なタイムセーバーです。スペースがパワープレーンのためにきつすぎる場合を除いて、ハンドプレーンと同じアプリケーションのほとんどすべてで使用できます。パワープレーンは、均等に制御された深さを含む、よりスムーズで、より均一なカットを提供することもできます。