ハンマードリル対回転電気ドリル

回転またはハンマーアクション

どちらが良いですか?

何時、いつ、どこで

電動ドリルは、ねじまたは釘を取り付ける必要がある、または単に穴を作る必要がある材料の穴をあけるために使用される工具です。電動ドリルはドリルビットと呼ばれる回転する切削工具を使用します。ドリルビットは多くのサイズで提供され、サイズは最終的に作成される穴の幅を決定します。切削工具の先端は、薄い削りくずまたはビットを材料にスライスし、したがって、穴を生成する。電気ドリルが使用される最も一般的な分野は、木工、金属加工、建設、住宅改善プロジェクトです。使用可能な電気ドリルにはいくつかのタイプがあります。使用するタイプは、穴をあけるタイプの材料によって異なります。訓練の種類には、コードレスドリル、ドリルプレス、ギアードヘッドドリルプレスなどがあります。しかし、最も一般的な電気ドリルは、ハンマードリルと回転式電気ドリルです。これらのタイプのそれぞれは、他のタイプよりも独自の利点があります。

ハンマードリルは一般的な電気ドリルです。ハンマードリルの打撃動作は、石積みなどの硬い表面に穴をあける際には完璧です。脈打つ打撃動作は、1分間に少なくとも10,000回の打撃を測定する。急速ハンマー加工は、コンクリートや石積みの穴あけの手順を簡単にします。回転式電動ドリルの回転動作は、打撃力または押し込み力を用いた回転動作を使用しているため、結果がより速くなります。ロータリー式電気ドリルには、ドリルが大きな力と衝撃を耐久性で処理することを可能にするオイル充填ギアボックスも装備されています。

両方のツールには独自の仕様があります。両方のドリルは、石造り、石、コンクリートの掘削にも適しています。しかしながら、より良い選択は、回転式電気ドリルであるか、時には回転式ハンマーとして知られている。ロータリーハンマーは、より少ない労力と圧力でより硬い表面の穴に穴をあける強力なツールです。回転式電動ドリルのドリルビットの回転動作は、破損した材料を上方に移動させ、回転動作を続けると自由に動くようにする。一方、ハンマードリルは、打撃動作を使用して表面に穴を開ける。

電動ドリルの使用のオプションは、単に棚や壁掛けを設置するか、支持材などのためのコンクリートに穴を開けるか、無限である。ハンマードリルは、簡単な家庭改善活動を行うのに最適なツールです。これは、家の中の物体がより柔らかい表面を持っているからです。たとえば、ブラケット付きの壁掛けを作成または取り付けるときに使用します。ブラケットの取り付けにハンマードリルを効果的に使用することができます;一方、回転式電気ドリルは、ハードワーク構造、特にコンクリートや石積み面を含む構造の場合に最適です。この結果、プロジェクトを完了するために必要な作業出力が速くなります。ロータリー式電動ドリルは、穴を掘削するために必要な材料がコンクリート、石の表面および硬材で作られている家の改良を行う場合にも有用です。