ベネチア石膏に保護シーラントを塗布する方法

ステップ1 – 石膏の乾燥を許可する

ステップ2 – ワックスを塗布する

ステップ2 – 仕上げを焼く

ステップ4 – シーラントを塗布する

ヴェネツィアの石膏は、壁に石膏の薄い層をつや消しで塗布し、次に上塗りを焼くことによって作られる壁仕上げ技術です。これにより、磨かれた大理石のような仕上がりが、深みと質感の錯覚を作り出します。基本的な石膏混合物は、石膏、セメントおよび砂の組み合わせであり、しばしば地上大理石が含まれる。石膏表面はしばしばワックスのコートで保護されています。ベネチア石膏の製造元が推奨するシーラーまたはワックスを使用して、それが適切に付着することを確認する必要があります

ワックスを塗る前にベネチア石膏が完全に乾燥していることを確認してください。必ず48時間放置してください。

こてを使って表面を軽く磨き、かきとりやスパチュラにワックスをかけます。こてを使用して、完成した石膏の上にワックスの薄い層を塗ります。ブレードが壁に触れることなく、表面にほぼ平行な引っ掻き面でワックスの短いストロークを広げます。非常に薄いフィルムを残す。それを乾燥させ、ワックスの第2層にこすりつける。オーバーラップするパッチで表面全体に適用します。乾燥させる

あなたは今あなたのこてにワックスコートを焼き付けることができます。壁面につや消しの完全な平らな端が付いたワックスの上にこてをこすります。慎重に使用しない場合は、エッジが壁を切ることができるように、こての面を使用してください。

サークルでこすって光沢をつけましょう。あなたが注意している場合は、電気研磨機を使用することができます。

ステップ3 – ワックスへの別の方法

石膏をワックスを吸収するのを止めるまで、必要に応じて多くのコートを塗り、スポンジや綿布でワックスを塗ることができます。手でワックスを塗布しますが、電気研磨機を使用することができます。スジを起こさないように注意してください。セクションごとの作業セクション。すじがすぐに現れる部分は、再度ワックスを塗ってください。

表面を乾いた不織布で磨き、別の不織布や電気研磨機で磨きます。

ローラーまたはガーデンスプレーを使用して、表面に溶剤または水系シーラントを塗布し、完全に乾燥させます。 2番目のコートを塗布し、5分後にスポンジまたはぼうこうで拭き取ります。余分なシーラントを拭き取る必要があります。そうしないと、表面に白い残渣が残ります。最初に小さな領域でテストします。

あなたが虹色の粉末でワックスを塗っている場合、激しく攪拌してワックスを液化させ、必要な虹色の粉末を注ぎます。よく混ぜます。涼しい場所、つまり冷蔵庫に保管すると、ワックスは通常の粘稠度に戻ります。

あなたは色の洗濯によって仕上げに素晴らしい高品質を加えることができます。水系グレージング液またはアクリル系着色剤を使用してカラーウォッシュを行うことができます。ペーパータオルやぼかしを使用して、セクションで色を適用し、拭き取ってください。結果がばらつきがある場合(最初に小さな部分を確認してください)、グレージングの前に水ベースの浸透性シーラントを塗布してください。

石膏とワックスの両方が非常に労働集約的なので、仕事をより簡単にする助けを得なければなりません。