ホールソービット:適切なサイズの選択

1.電気技師および電気配線の必要性

2.金型を探す

3.断熱材

4.パイプと導管

住宅所有者、配管工、電気技師は、木材を扱う人たちと同じように、手に穴のある鋸があることですべての用途を見つけることができます。ホールソービットは、通常のドリルでは形成できない大きな穴を作り、平坦な底面を持つ特定の深さの穴を作成することもできます。次の記事では、ホールソービットの選択方法に関するヒントをご紹介します。

これらの電線のすべてを実行可能な順序に保つことは簡単ではなく、家に配線することもありません。厄介な配線とそれらの配線の不十分な配置は、あなただけでなく配線作業を行う人にとって重大な危険につながります。穴あけビットは、梁を貫通して穴を作成するために使用され、ワイヤは、穴に通されます。このジョブに使用するのに最適なホールソービットは、より小さいビットです。大きなグループのワイヤがある場合は、より大きなホールソービットを選択できます。ジョイストの大きさを常に念頭に置いて、あなたが作った穴には少なくとも1インチのスペースが必要です。

金型は住宅所有者の最悪の悪夢で、目に見えず、大きな被害をもたらす可能性があるためです。金型は湿気と湿気の産物で、小さな微生物が増殖して腐敗する。カビの呼吸は、カビの種類によって病気や死を招くことがあります。断熱や換気が不十分な場合は、カビは家全体に容易に分配されます。モールドは、乾式壁の後ろで成長するのが大好きです。過去には、成長を追跡するために壁面全体または乾いた壁の巨大部分を取り除かなければなりませんでした。直径が1インチを超えるホールソービットでは、非常に小さいセクションを除去することができます。ラウンドが削除されたら、あなたはカビを探すことができます。金型がない場合は、ラウンドを交換し、それを泥でパッチしてから塗りつぶすことができます。金型がある場合は、壁の高さと長さ全体でラウンドを削除し続けることができます。

適切な断熱は、家庭が熱を放つか冷やすのを防ぐために非常に重要です。ホールソーを使用する場合、ブロー断熱材を簡単に追加できます。この作業のために、直径4インチの穴の鋸のビットが十分である。

小さな水管および電気導管は、直径が2インチを超えないホールソービットを使用して壁を通して容易に分配される。フロアを通したケーブル配線などを実行するためにも使用できます。

5.家具ビル

椅子を作るとき、一例として、木工労働者は木片に小さな穴をあけ、次にダウエルロッドを取り付けます。これらの穴は伝統的に手作業で作らなければならず、面倒です。ダウエルロッド用の穴を作るために、非常に小さな穴の鋸を使用することができる。