耐荷重壁の間隔に関するガイドライン

耐荷重壁の役割

ローカルビルディングコードによる確認

耐荷重壁に関する追加ガイドライン

耐荷重壁の間隔に関するガイドラインは、あなたのコミュニティの建築基準の中で見つけることができます。これらのコードは、耐荷重壁、それらの配置、建設、およびそれらを構築するために必要なその他の要件に関する要件が何であるかを知らせます。ほとんどの個々のDIYユーザーのために、耐荷重壁を構築することは、あなたの家の改築やスペースの追加時にのみ発生する可能性があるタスクです。あなたが家を建てている人でなければ、最初の建設工事中に耐力壁の建設に関わることはほとんどありません。

これらのガイドラインを理解することは、改築と建築プロジェクトに従事しようとしている住宅所有者にとって重要なことです。耐荷重壁の構築、配置、および構築は、あなたが住む業界および地域社会によって定められたさまざまなコードおよびガイドラインで説明されています。

耐荷重壁とは、家の上層から体重を支える壁です。これにより、家庭は均等な体重分布を維持することができ、上位レベルが家の下部に沈むのを防ぎます。大部分の耐力壁は、すべての大工または家屋がどのようにビルドするかを知っている基本的な建設作業です。このタイプのプロジェクトは、建設の壁の背後にある基本的な原則を理解している限り、それほど難しいことではありません。

耐力壁は、2×4インチのボードを使用して構成され、上部プレートとして機能する2枚のボードと底部プレートとして機能する1枚のボードで構成されています。ボードは、2×4インチの垂直ボードを使用して結合され、上下に爪が付いています。

あなたが建設のプロセスに従事する前に、あなたのコミュニティの建築基準に慣れる必要があります。これらのコードは、耐荷重壁の建設に関して許容可能で許容できないことを知らせます。耐力壁を構築するプロセスを開始する前に、建物コードのコピーを入手する必要があります。このコードは、建物検査官のオフィスから簡単に入手できます。

このコードは、耐荷重壁で許容される重量と材料を表します。このコードでは、耐荷重壁に関連するコミュニティの基準を説明します

耐力壁の建設のための追加のガイドラインは、住宅建築および建設業界の標準セットで見つけることができます。これには、耐震壁を構築するための安全で効率的な方法の推進に関心を持つ、国家建設業者協会(Homebuilders Association)などの組織が含まれます。これらの基準は、各地域の建築基準で定められています。

耐力壁の基準は、このタイプの建設プロジェクトで使用されるガイドラインを示しています。