migアルミニウム溶接の仕組み

MIG溶接とは何ですか?

不活性ガス

溶接を学ぶ

技術

MIGアルミニウム溶接は、スキルと芸術の両方の形態とみなすことができます。優れた溶接機は非常に迅速に作業し、2枚のアルミニウムに沿って滑らかな溶接を残すことができます。それは複雑な手順ですが、生成される溶接はきれいにする必要があります。 MIGアルミニウム溶接は長時間の学習曲線を必要とし、誰も夜通し専門家にならない。経験豊富な溶接業者にとっても難しい作業です。

MIGは金属不活性ガスの略で、アルミニウムなどの軟質金属に使用される技術です。溶接機は、作業要件に応じて自動または半自動で使用できる溶接ガンを使用します。溶接ガンはワイヤのフィードを含み、電流に接続される。

加熱されたワイヤは、2つの金属を一緒に接合し、長い連続したシームを作ります。不活性ガスはまた、溶接ガンを通過する。これは、汚染物質が溶接部に入らないことを確実にするためにMIGアルミニウム溶接に必要であり、最終的には接合部がより清潔で滑らかに見えます。

MIGアルミニウム溶接は初期段階から進んでいます。当時の最大の問題は、溶接に適した不活性ガスを見つけることでした。現在、業界では、溶接部の汚染物質に対する保護として二酸化炭素を使用しています。純粋なアルゴンがアルミニウムの溶接に最適ですが、ほとんどの不活性ガスに代わる安価で容易に入手できる代替品です。

しかし、MIGアルミニウム溶接がプロセスの一部として不活性ガスに頼っているという事実は、問題を引き起こす。溶接は風のない場所で行われなければならず、ガスは特に迅速に分散しない。条件が非常に良好でない限り、溶接は実際には外から行うことができないため、屋内での作業に限定され、潜在的に危険なガスが空気を満たす可能性があります。適切な安全装置を必ず着用してください。

MIGアルミニウム溶接にはいくつかの習得が必要です。溶接機は、給電されるガスおよび電流の量だけでなく、金属を一緒に接合するためのワイヤーの安定した、ビードを維持することができなければならない。加えて、溶接ガンのノズルは、最適な溶接のために特定の角度でなければならず、これは大量の制御を必要とする。

これにより、MIGアルミニウム溶接は鉄と硬質金属でよく使用されるスポット溶接とは大きく異なります。プロセスは比較的速いため、アルミニウムに穴を開けることはありません。

溶接に使用されるワイヤは、スプールから溶接ガンに供給されます。溶接ガンの先端にある電極は、ワイヤを溶かしてアルミニウムに当てることのできる電気を供給します。溶接が成功するには、電極を金属から一定の距離に、かつ直角に保持する必要があります。シールドガスは、溶着した溶接部を保護し、非常に迅速に発生します。

MIGアルミニウム溶接は基本的に非常に簡単ですが、それをうまくやる方法を学ぶことは多くの時間と練習を必要とします。溶接が完了したら、まだ滑らかで滑らかな外観にする必要があります。